ノロウィルス感染を予防するには正しい知識が必要です

平成24年に報道されたノロウィルスが原因の集団感染例

  • 神奈川県横浜市、横浜田園都市病院で99人感染、4人死亡
  • 宮崎県日南市、医療法人春光会 東病院で44人感染、6人死亡
  • 大阪府東大阪市、介護付き有料老人ホームで22人感染、2人死亡
なぜ大流行しているの
今年は例年に増して、全国でノロウィルスによる感染症が流行しています。一説には、耐性をもった新しい種類のウィルスが出回り始めたため、過去にかかっ免疫を持っている人でもかかりやすいという話です。

 

加熱殺菌しか手がないの?
報道では80度で1分以上の加熱殺菌しか死滅しないとあります。しかし、これまで殺菌作用があるとされてきた消毒薬が本当に効かないのでしょうか。塩素系漂白剤を薄めて使うと効果があるという報道もあります。しかし、どれも情報の出所がはっきりしていません。又聞きにすぎない可能性があります。
 

 

国立医薬品食品衛生研究所の実験
ここに平成19年に報告された実験結果があります。これによれば、次亜塩素酸ナトリウム5000ppmがとても効果があることがわかります。これ以外はまったくダメかというと、そうでもなく、イソプロパノール(イソプロピルアルコール)が次に効果があると報告されています。市販の消毒用エタノールにイソプロパノールが添加されているものもあります。
塩素系漂白剤が使えないところには、イソプロピルアルコールの消毒用を使うのがいいと思われます。もともと、医師の指先殺菌に使われている消毒薬です。

「平成19年度 ノロウィルスの不活性化条件に関する調査 報告書」 (PDF)

 

出張タイヤ交換サービス パソコンの無料引き取り クルマのバッテリ交換 ノートパソコンHDD交換 賢いスマートフォン選び スタッドレスタイヤの性能比較 タイヤ選び 外国為替証拠金取引FX 新型インフルエンザ対策
inserted by FC2 system